認定支援機関事業

2013年8月、神奈川県中小企業診断協会は、経営革新等支援機関に認定されました。

経営改善支援センター 専門家派遣事業

経営改善支援センター事業とは?

 

経営改善支援センター事業は一定の要件の下、認定支援機関が経営改善計画の策定を支援し、中小企業・小規模事業者が認定支援機関に対し負担する経営既然計画策定支援に要する計画策定費用およびフォローアップの総額について経営改善支援センターが3分の2(上限200万円)を負担するものです。

上記スキーム図の出典 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/0308KaizenKeikaku1.pdf

 

※経営改善支援センターとは?

 

経営改善支援センターとは全都道府県に設置されている中小企業再生支援協議会に設置したもので、経営改善計画策定支援事業の利用申請窓口となっております。

神奈川県中小企業診断協会の支援体制

経営改善支援センター事業は、当協会内にある事業再生支援プロジェクトが行います。事業再生支援プロジェクトのメンバーは、ターンアラウンドマネージャー(TAM)、認定事業再生士、再生士補等の資格を保有し、事業再生支援の現場を経験する中小企業診断士の専門家が多数おり、レベルの高い支援を行っています。

 

経営改善センター事業 体制図