知的資産経営支援プロジェクト

神奈川県自治体や金融機関と連携しながら、中小企業の有する技術、技能、ノウハウなどを認識し、組み合わせて活用していく事をサポートしています。

知的資産経営とは

見えない経営資源

「知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランドなどの目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。
これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方である事に注意が必要です。
さらに、このような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼びます。

知的資産経営報告書作成 - 企業にとってのメリット

(1)企業価値が増大する。
(2)経営資源が最適に配分される。
(3)資金調達が容易になる。
(4)従業員のモチベーションが向上する。
(5)知的資産への再投資が可能となる。

知的資産経営報告書の作成経験を重ねることで内容・方法も洗練され、ステークホルダーに対する理解・信頼感も高まります。

知的資産経営報告書作成 - 金融機関等企業評価者にとってのメリット

(1)企業価値の分析精度が高まる。
(2)企業のリスクを評価できる。
(3)成長性の高い企業を見極めることができる。

将来業績の予測に重要な影響を与える企業の先行投資に関する情報を掴むことができるため、企業の成長性を的確に見極めることができます。