食Pro.育成プログラム

食の6次産業化プロデューサーの育成を通して6次産業化を支援します。

食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)とは

■「食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)」とは

内閣府が推進する国家戦略・プロフェッショナル検定に合格した、6次産業の新たなビジネスを創出するプロのことです。

■「6次産業の新たなビジネスの創出」とは

1次産業(農林漁業)が主体となり、

2次産業(食品加工業等)や

3次産業(流通・販売・情報サービス・観光業など)

と連携して、加工食品の新しい商品開発をしたり、食品を消費者へ直接販売したり直営レストラン展開やイベント開催等、食に関する新しいビジネスを創り出していくことです。

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ

 

どのような人が食Pro.になれるの?

1次、2次、3次産業に携わる方、6次産業化を支援される方、学生等、食での6次産業化に興味がある方なら誰でも「食Pro.」へチャレンジできます。

1次産業の方:農林漁業者

2次産業の方:食品加工業等

3次産業の方:流通・販売・観光・宿泊・レストラン等

産業・地域支援の方:行政・農協・漁協・金融機関・コンサルタント等

食産業に興味ある方:高校・専門学校・大学生で これからのキャリアを考えたい人

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ

 

食Pro.に認定されるメリットは?

■食Pro.は6次産業化、地方創生を支援する方のキャリア段位です。6次産業化を推進する方の知識・能力が客観的に評価されます。


6次産業化に携わる方が、ご自身の知識や実践的スキルを客観的にチェックできます。

今後のステップアップには、どのような知識・スキルを身につければ良いかがわかり、計画的に取り組むことができます。

■これから6次産業化に取り組む方には、どのようなモデルで始めて、どのようなゴールを目指すかが明確になります。

 

■6次産業化のキャリア段位として、知識・スキルをアピールできます。

■消費者・他事業者からの信頼性が高まることで、ビジネスパートナーが見つけやすくなります。

■認定者は名刺などに「食Pro.」のロゴを入れたり、希望に応じて、氏名・レベル・連絡先をウェブサイトに掲載できます。

 

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ

 

 

認定までのプロセス

■本講座修了後に、修了証を発行します。その後、1年以内に各受講生より「できる」認定の申し込みを行い、所定の審査を受けます。審査は複数の課題が与えられ、1問あたり約200字程度で解答した後、(一社)食農共創プロデューサーズに申請します。

■「わかる」認定および「できる」認定を受けると、「食の6次産業化プロデューサー レベル3」と認定されます。


			

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ

 

神奈川県で食Pro.育成講座を開講する理由は?

■地域の事情に即した内容であること、受講生相互の交流を図ること、および受講される方々の利便性を考慮し、神奈川県で開講する事となりました。

■1次産業の活性化を目指すにあたり、1次産品の加工や直売に限らず「神奈川県ならではの6次産業化」の可能性を加味した内容です。

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ

 

中小企業診断士協会の講座を受講するメリットは?

■講師はすべて中小企業診断士です。

中小企業診断士は、経営支援やマーケティングなど広範な知識と各々の専門分野を活かした助言を行っています。農業支援・食品業・金融を専門分野とする多彩な講師がオリジナルの講義を行います。また、講師の多くは食プロ(レベル3)保有者であり、専門分野・職業として食に関わる者も多くいます。

~講師の主な保有資格

中小企業診断士・食の6次産業化プロデューサー(レベル3)・農業経営アドバイザー・ワインアドバイザー・行政書士・キャリアコンサルタント・事業再生アドバイザー

~講師の主な職歴

食品加工会社・地方行政機関・農協系金融機関・大手レストランチェーンなど

 

■10日間33講座もの充実した講座期間と内容

座学のほか、ディスカッションや演習を交え、プロのコンサルタントと「一緒に考える・気づく」ことを目指します。また、実習を重視し、2日間の生産・加工・流通の実習・視察があります。

 

【受講者様の声】

●実習では、農作業を体験したり、従事される方からのお話を伺い、農水産業の現場間を実感できる内容であった。

●講義で取り上げる事例等は神奈川県内のものが多く、良かった。

●申請書作成のアドバイスが大変参考になりました。

●食品加工や食品衛生など、実際にビジネスとして携わっている講師の話はわかりやすく印象的。

●日本の農業の現状と課題がよくわかった。

●経営分野のわかりやすい講義は、さすが中小企業診断士と感じた。

●演習や事例、グループワークが適度にあり、退屈しなかった。

 

【講座長あいさつ】

 

 

 

 

 

 一般社団法人神奈川県中小企業診断協会相談役

 一般社団法人農業経営センター代表理事

 山﨑隆由

21世紀の日本経済復活に向けた「国家戦略プロジェクト」野中で大きく取り上げられている通り、「日本農業の活性化」は今後の日本経済の活性化に関わる重要課題であるとともに、過疎化が急速に進む地方の活性化を図る上でも喫緊の課題となっています。

日本農業の生産性向上、高付加価値化、国際化などの取組みを効果的に進めるとともに、6次産業化や農商工連携などで新たな分野の掘り起こしを進めることで、日本農業の多様性を高め他業種との連携を深め、農業者の収益性を高めることの重要性も高まっています。

そこで、今回の「6次産業化プロデューサー養成講座」では、6次産業化や農商工連携を推進するための基礎知識・スキルを実践的に学ぶ場を提供させて頂きますので、ぜひご参加頂きまして皆様の農業分野のキャリアアップにお役立て頂ければと考えております。

 

履修コースと学習内容概要

■5段階のレベルが設定されていますが、本講座では、レベル3までの「わかる(知識)」の認定を取得できる育成プログラムです。

■レベル3までの内容を履修コースは網羅しており、受講後には修了証と履修証明書を発行します。

※認定取得には、「できる(実践スキル)」の双方の取得が必要です。受講終了後、登録申請を行い、書類審査を受ける必要があります。

■外部リンク一般社団法人食農共創プロデューサーズ


カリキュラムの概要と学習内容詳細

1) 6次産業化支援に必要な知識

   ●6次産業化

   ●農林水産業

   ●食品製造・流通

   ●生産・加工・流通の実習・視察

2) 経営支援に必要な知識

   ●経営の基礎

   ●経営戦略と経営管理

   ●財務分析

   ●マーケティングと商品

3) コンサルティングテクニック

   ●コーディネート手法

4) 事業計画立案実習

 

カリキュラム詳細(PDF形式KB)

 

開講日程

2017年3月25日(土)開講予定

受講会場

一般社団法人シルクセンター国際貿易観光会館

〒231-0023
 横浜市中区山下町1番地
 TEL  045-641-0845

 日本大通り駅下車3番出口徒歩3分

 JR関内駅徒歩12分

 

受講料

レベル3(支援者コース)の「わかる」取得コース

¥118,800(税込)

※一名あたり。テキスト代込み。受講のための旅費などは含んでおりません。

 

受講お申込みの流れと方法

※恐れ入りますが、手数料はご負担下さい。

 

お申込みに当たっての注意事項

お申込み、解約、教材、免責事項等は、こちらの「お申込みに当たっての注意事項」をお読みください。(PDF形式560KB)

 

最小催行人数5名(定員15名

※定員になり次第、締め切ります。会場、講義の時間・順番は変更することがあります。

お申込みはこちらから!

お申込みページへ進む

 

食Pro.育成プログラムに関するお問い合わせ

入力例:foo@example.com

入力例:0312345678